アイコン 南北戦争/100万人の大集会 トランプ大統領 議事堂へ行こうと呼びかけ 議事堂乱入・暴徒化

Posted:[ 2021年1月 7日 ]

昨年11月6日の米大統領選の選挙人投票集計が行われている連邦議会で選挙人による新大統領の認定を決議する両院議会が開催されている6日、トランプ大統領も参加したワシントンのトランプ支持派の大集会、議事堂周辺に集まったトランプ大統領支持者の一部が警備帯を破り議事堂に乱入した。これを受けて議事堂は閉鎖され、上下両院合同本会議の討議も中断された。

報道によると、ペンス副大統領は討議が行われていた上院を退出。その後、ペンス副大統領はツイッターに「議事堂での暴力と破壊はいますぐやめなければならない。建物を直ちに離れるべきだ。この攻撃は許されず、関わった者は最大限、罪を問う」と投稿し、デモ隊に強く警告した。
民主党のペロシ下院議長の執務室にもトランプ大統領の支持者が乱入した様子だとする写真をツイッターにCNNが投稿している。

The violence and destruction taking place at the US Capitol Must Stop and it Must Stop Now. Anyone involved must respect Law Enforcement officers and immediately leave the building.

警備隊は乱入した大統領支持者に対し催涙弾を使用しているという。
連邦議会の敷地内で女性1人が銃で撃たれ、搬送されたという。撃たれたのがトランプ大統領の支持者なのか、警備関係者なのか、議会関係者なのかはわかっていないという。




混乱発生を受け、首都ワシントンDCの市長はこの日の午後6時から翌日午前6時までの外出禁止令を発動した。

これに先立ちトランプ大統領は、数十万人が参加したワシントンの集会で支持者に向け演説し、選挙では大規模な不正があったと改めて主張、「われわれは決して諦めない。決して敗北は認めない、盗みをやめさせるべきだ。議事堂に向かおう」と呼びかけた。
議事堂周辺にいたトランプ支持者数千人の一部が議事堂の窓を破壊し乱入。トランプ大統領支持の集会には過激派グループや極右グループのメンバーも参加している。
以上、
扇動したしっかりもののトランプ大統領はツイッターに「議事堂にいる人たちは平和的にしてほしい。暴力は許されない。われわれは法と秩序の党だということを思い起こすべきだ」と投稿し、議事堂に押し寄せた人たちに平和的に行動するよう求めた。

もうアメリカは南北戦争時代に回帰したようだ。
トランプ氏が4年後の大統領選挙に出馬意向を示し、今後もトランプ支持派を煽り続ける以上、分断は収拾つかないだろう。

暴徒

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。