アイコン 私立幼稚園連合会の使途不明金は4億円以上 政治資金に流用か

Posted:[ 2021年3月10日 ]

全国約7500の私立幼稚園が加盟する「全日本私立幼稚園連合会」は、香川敬前会長(山口県防府市)による使途不明金問題で臨時総会を開催し説明を行った。

(1)連合会が監査を実施した昨年9月以降に多額の資金が使途不明になっていることが判明、使途不明金の総額が2017年度から今年度・令和2年度までの4年間で、少なくとも4億円を超えることを明らかにした。

(2)また、関連団体の公益財団法人「全日本私立幼稚園幼児教育研究機構」では、約1億4000万円が一時引き出され、昨年11月の監査の直前に戻されていたという。

(3)さらに、河村建夫元官房長官(二階派/山口1区)が会長を務める「全日本私立幼稚園PTA連合会」でも今年度約4000万円が使途不明になっているという。




連合会は公益財団法人について、令和2年度内に不透明な出入金はあったものの、結果的には資金の流出はなかったとしているが、改めて調査を進め正確な情報を発信したいとしている。

香川敬前会長は昨年11月に使途不明金の存在を指摘されたあと辞任し、その際、連合会の当座の運転資金1.5億円を用立てるよう要求され、辞任直後に1.5億円を連合会側に入金している。

私立幼稚園連合会は、香川前会長がマスコミに語った「会長として使途不明金を出した管理監督責任があるので辞任したが、口座の管理は事務方が行っており、私自身は1円たりとも資金の流用はしていない。カネが何に使われたのかは全く分からない」という弁解は、極めて不合理だとしている。

そして、通帳の偽造(前会長は印刷会社を事務方に紹介し偽造させたことを本人が認めている)に関与したことは、少なくとも私文書偽造罪などに該当する違法行為であることは明らかだとして、今後、香川前会長の刑事告訴や民事訴訟も視野に、断固とした対応を取るとしている。

全日本私立幼稚園連合会には国からの助成金も入っているはずだ。監督機関は文科省となる。

香川敬氏は
山口県別府市の幼稚園を運営する法人の理事長
2010年5月に私立幼稚園連合会会長に就任、
2020年11月、巨額使途不明金問題発覚で辞任
2018年から山口県の公安委員会の委員、2021年3月辞任
平成28年度定時総会//来賓の文部科学大臣 馳浩衆議院議員/全日本私立幼稚園PTA連合会会長 河村建夫衆議院議員/自由民主党幼児教育議員連盟会長 中曽根弘文参議院議員/東京オリンピック パラリンピック競技大会担当大臣 全日私幼P連副会長 遠藤利明衆議院議員/国土交通副大臣 全日私幼 P 連副会長山本順三参議院議員/自由民主党幼児教育議員連盟事務局次長 山谷えり子参議院議員に挨拶をいただきましたとある。
お付き合いするには、いくら銭子があっても足りないだろう。
こうしたお金は領収書なしの足のつかない現生主義。

猫ポッポしていないとすれば、幼稚園無償化という大義のために裏献金に使いましたと居直ればどうなるんだろうか。

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。