アイコン 追報:パーティドレスの(株)ジュネビビアン(東京)/破産開始決定

スポンサード リンク

パーティドレスメーカーの(株)ジュネビビアン(東京都港区麻布十番2-16-4、代表:中島孝)は8月16日、東京地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、浦部明子弁護士(電話03-3502-6294)が選任されている。

負債額は約7億円。

同社は昭和61年8月設立のパーティドレスメーカー。「ラ・デファンス」、「エクスキー」、「ビビアン」などの自社ブランドを展開し、バブル期には24億円以上の売上高を計上していた。

アベノミクスで企業の業績はバブル化しているが、バブル時代のような従業員への利益還元はなされず、逆にアベノミクス戦略の円安で物価が上がり、庶民はヒィーヒィー言って、パーティどころではない。

既報のとおり。

パーティドレスの(株)ジュネビビアン(東京麻布十番)/弁護士一任 倒産

スポンサード リンク
[ 2017年8月17日 ]

 

コメントをどうぞ

関連記事

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ