アイコン (株)ミカサシステムデザインコーポレーション(大阪)/自己破産へ ショップ「ハーティ」

スポンサード リンク

リフォーム工事の(株)ミカサシステムデザインコーポレーション(大阪府堺市西区山田4-1976-1、代表:笠松正子)は12月29日事業停止、事後処理を中川澄弁護士(電話072-282-2355)に一任して、自己破産申請の準備に入った。

負債額は約2億5千万円。

同社は昭和44年創業のリフォーム工事業者。同社はリフォームショップ「ハーティ」を店舗展開し、平成25年11期には約7億円の売上高を計上していた。しかし、その後の住宅不況から競争激化、外注費の高騰もありさらに採算性を悪化させ、営業不振店の閉鎖など行ったものの、売上高、採算性、撤退損などから業績・財務内容とも悪化させていた。

 

 

 

 

スポンサード リンク
[ 2018年1月17日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ