アイコン 日本製紙子会社の北上製紙/会社解散・特別清算へ 7月末で事業撤退

スポンサード リンク

日本製紙は1月16日、連結子会社で岩手県一関市にある北上製紙を7月末で全事業から撤退させると発表した。事業停止後、会社は解散・清算させる方針。

北上製紙は、1948年の創業以来、東北地区を中心に新聞用紙や段ボール原紙を供給してきたが、古紙など原材料価格の上昇で事業環境は厳しく、2017年3月期の売上高は約54億円に対し、約17億円の最終赤字を計上するなど、赤字経営が続いていた。

 コスト削減などに取り組んだが、今後の損益改善、安定した黒字化は困難と判断し、全事業からの撤退を決定した。

 会社名
北上製紙株式会社
本社所在地
岩手県一関市旭町10番1号
代表
内田 善朗(うちだ よしあき)
設立
1948(昭和23年)年1月15日
資本金
300百万円
従業員数
90名 (平成28年1月1日現在)
主な事業内容
段ボール原紙、巻取用包装紙、新聞用紙、更紙、粒状パルプ、フレッシュパール(脱臭剤)、紙ひも、育苗用ペーパーマット(製造・販売)
株主
日本製紙株式会社
日本紙パルプ商事株式会社
国際紙パルプ商事株式会社

スポンサード リンク
[ 2018年1月17日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ