アイコン インフルエンザ大流行・患者数124万人 都道府県別感染者数状況 九州猛威/18第1週

スポンサード リンク

国立感染症研究所によると、今月7日までの1週間に全国およそ5000の医療機関から報告されたインフルエンザの患者数は、1医療機関当たり16.31人となり、この数値を元に全医療機関にインフルエンザの診察を受けた患者数を推計した全国の患者数は約124万人と、前週から23万人程度増加し流行が拡大している。

都道府県別では宮崎県が34.17人と最も多く、次いで沖縄県が31.76人、大分県が28.93人と、九州・沖縄地方の各県で多くなっているほか、滋賀県で25.38人、岐阜県で25.28人などとなっている。
また12月31日までの4週間に検出されたウイルスを分析した結果、9年前に「新型インフルエンザ」として流行したH1N1型ウイルスが約6割と最も多いほか、B型のウイルスも3割ほど検出されているという。

全国の保健所地域で警報レベルを超えている保健所地域は94ヶ所(1都1道2府29県)、注意報レベルを超えている保健所地域は263ヶ所(1都1道2府41県)となった。

インフルエンザ届出状況
2018年01週(01月01日~01月07日)
国立感染症センター
 
報告
定当
総数
79,930
16.31
北海道
2,176
9.94
青森県
613
9.43
岩手県
920
14.15
宮城県
991
10.43
秋田県
817
15.42
山形県
237
5.15
福島県
1,219
15.83
茨城県
2,843
23.69
栃木県
845
11.12
群馬県
1,012
11.50
埼玉県
4,317
17.48
千葉県
3,068
14.54
東京都
4,335
10.84
神奈川県
3,449
10.20
新潟県
1,037
11.52
富山県
283
5.90
石川県
375
7.81
福井県
676
21.13
山梨県
603
14.71
長野県
1,884
22.16
岐阜県
2,174
25.28
静岡県
3,138
22.58
愛知県
3,744
19.20
三重県
1,052
14.61
滋賀県
1,320
25.38
京都府
1,741
13.82
大阪府
3,873
12.74
兵庫県
2,177
10.94
奈良県
679
12.57
和歌山県
407
8.31
鳥取県
676
23.31
島根県
521
13.71
岡山県
1,896
22.57
広島県
2,273
19.94
山口県
980
14.41
徳島県
638
17.24
香川県
1,093
23.26
愛媛県
1,119
18.34
高知県
902
18.79
福岡県
5,571
28.14
佐賀県
863
22.13
長崎県
1,823
26.04
熊本県
1,970
24.63
大分県
1,678
28.93
宮崎県
2,016
34.17
鹿児島県
2,064
22.19
沖縄県
1,842
31.76
・定当とは1医療機関当たり感染者率

スポンサード リンク
[ 2018年1月16日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ