アイコン 株価23日午前10時現在797円安の日経平均 貿易戦争勃発

 

 

23日午前10時時点の日経平均株価は前日比797円89銭安の2万794円10銭。
朝方は、米中貿易戦争への警戒から22日の米国株式が大幅続落し、ドル安・円高が進行したことを嫌気し、リスク回避の売りが加速している。

日経平均は下げ幅を拡大し2万800円前後で推移している。

円高と貿易戦争、米金利高に円安ならず逆行して上昇した昨日の株価、23日も日本株が上がれば異常、少しは正常のようで、米国による知財不正利用の中国に対して、5.5兆円~6兆円規模の関税制裁、今後予想される中国の報復関税と中国国内の米国および米国関連の外資企業への規制圧力。その両方の経済的な影響を受ける日本の株式市場。
当然逃げ足の速い外国人投資家,新たに下げろ下げろの米ハゲタカヘッジファンドと日銀+年金機構軍団が立ちはだかり、下げろ上げろの攻防を繰り広げることになる。

スポンサード リンク

対ドル円は104.850円、
対ユーロ円は129.320円と130円台を割り込む円高
22日NYダウは貿易戦争の懸念から前日比▲724.42ドル安の23,957.89ドル。

スポンサード リンク
[ 2018年3月23日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ