アイコン 八幡工業(株)(北九州)/破産開始決定

 

 

鉄骨工事の八幡工業(株)(福岡県北九州市八幡西区本城5-1-14、代表清算人:南谷洋至弁護士)は5月25日、福岡地裁小倉支部において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、今里晋也弁護士(電話093-571-4688)が選任されている。

スポンサード リンク

負債額は約1億5千万円。

同社は昭和41年11月設立の鉄骨工事会社。以前は70億円以上の売上高を計上していたこともあったが、バブル崩壊後、企業の設備投資の減少が続き、経営不振に陥り、平成12年4月に負債額約38億円を抱え、民事再生を申請市経営破たん、その後終結させていた。しかし、業績不振に歯止めがかからず、鉄骨工事部門を縮小、ゴルフ練習場の運営を柱に事業を継続していた。だが、業績回復には程遠く、同社は所有資産を売却して平成25年に解散を決議していた。

 

スポンサード リンク
[ 2018年6月 1日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ