アイコン パキスタン カシミール地方での地震 38人死亡 負傷者数百人に拡大

 

スポンサード リンク
 

パキスタン北東部で24日に発生した地震で、これまでに38人の死亡が確認され、数百人が負傷している。
被災地では、道路が激しく損壊し、建物が倒壊する被害が出ており、救助隊員らは25日、懸命の捜索活動を続けた。
当局は現在も、被災地となったカシミール地方のパキスタン支配地域にある都市ミルプール周辺の村などの状況の確認を進めているが、中には既に被害状況が明らかになっている地域もある。

米地質調査所(USGS)によると、地震の規模はマグニチュード(M)5.2、震源はカシミール地方ミルプール付近。

AFP通信によれば、現地の主要道路2本のうちの片方で深さ1メートル以上の亀裂が複数生じ、中には近くの運河の水が流れ込んだものもあるという。
軍の報道官によると、兵士らと「航空・医療支援」チームがカシミール地方の被災地に派遣された。
以上、

地震の規模はM5.2と規模はさほど大きくないが、浅い直下型地震と見られ、道路の大きな亀裂、建物の崩壊など大きな被害が生じている。
カシミール地方は、インドプレートとユーラシアプレートがぶつかり、北方ではその圧力で隆起したり、火山の噴火でヒンドゥークシ山脈を形成している。過去、大きな地震も発生している。

0926b.JPG

[ 2019年9月26日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ