アイコン 韓国 7~9月期GDP0.4%増 今年の成長率2%絶望か

 

スポンサード リンク
 

韓銀(中央銀行)が24日発表した7~9月期の実質国内総生産(GDP、速報値)は前期比0.4%増加した。
成長率は今年1~3月期がマイナスの▲0.4%減、その反動などから4~6月期は1.0%となったが、7~9月期は0.4%に鈍化した。
今年の年間成長率は2%に届かない可能性が高くなった。7~9月期の前年同期比の成長率は2.0%だった。

7~9月期の民間消費は前期比0.1%増加した。乗用車などの耐久財消費が増えたため。
日本旅行を中心とする海外旅行(国外消費)や衣料品などの準耐久財消費は減った。
政府支出は健康保険給付を中心に1.2%増加した。
建設投資は、建物、土木工事とも減少し、同▲5.2%減となった。
設備投資は0.5%増だったが、半導体製造装置など機械類への投資は減った。

輸出は、半導体と自動車を中心に同4.1%増加した。輸入は0.9%増。7~9月期の成長率は市場の予想を下回った。

専門家の多くは0.5~0.6%の成長を見込んでいた。
背景としては、政府の財政支出効果の半減が挙げられる。
4~6月期は集中的な財政投入で成長をけん引したが、7~9月期は余力が低下した。
政府部門の成長寄与度は4~6月期の1.2ポイントから7~9月期は0.2ポイントに低下した。

民間部門の成長寄与度は4~6月期がマイナス▲0.2ポイント、7~9月期が+0.2ポイントだった。
プラス転換は果たしたものの、財政支出効果の低下を補うには力不足だった。

韓銀によると、年間2%の成長を可能にするには10~12月期に1%成長を実現する必要があるが、望みは薄い。

7~9月期の実質国内総所得(GDI)は、輸出環境の悪化により前期比0.1%増とGDP成長率を下回った。
以上、

韓国は天下の宝刀、政府支出を有しており、昨年も10~12月期にも政府支出がGDPを大きく押し上げていた。
回復基調にあるとする文政権、経済が悪いのは米中貿易戦争のせいだと、自らの政策に押し通す。失業対策の公共機関の大量採用に膨大な資金を使用し続け、最近では、さらに公共投資も急拡大させる動き、さらにさらに、北朝鮮に向けたものか、日本に向けたものか知らぬが、韓国軍の米軍からの乳離れが必要だとして富国強兵を謳い、国防費も日本に匹敵する額の来期7%も増加させる動きにある。

日本を真似て支出を急拡大させ、外資依存度の高い韓国の財政を底なしのお財布ケイタイ同様グチャグチャにしている。
韓国が財政破綻した場合、日本が、米国が助けなかったと、自らの国家のやりたい放題の経営を100%タナに上げ、批判ばかり展開する国でもある。スワップなど締結できるような相手国ではない。

野村證券コリアが今年4月、今年の韓国の経済成長率を1.8%と引き下げて発表、それはひどすぎると韓国マスコミからパッシングを浴び、冷笑された。しかし、現実なものになってきている。
1024_13.jpg

[ 2019年10月24日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ