アイコン 韓国 9月の経常収支74億ドル 最高水準 輸入が減る 日本製ビール飲まず

 

スポンサード リンク
 

韓国銀行(中央銀行)が6日発表した国際収支(速報値)によると、9月の商品収支(=貿易収支)の黒字は88億4000万ドルで、サービス収支や所得収支を参入した最終の経常収支は74億8000万ドル(約8170億円)の黒字だった。
黒字幅は前年同月(110億1000万ドル)を下回ったものの、昨年10月(93億5000万ドル)以来11ヶ月ぶりの高水準だった。
輸出入で発生する商品収支(貿易収支相当/税関値と異なる)の黒字拡大が追い風となった。

商品収支は昨年10月(106億5000万ドル)以来の大きさながら、半導体の最後の景気となった前年同月(130億1000万ドル)比では低い。輸入よりも輸出の減少率の方が大きかったことによるもの。
9月の輸出額は460億1000万ドルで前年同月比▲10.3%急減した。
米中貿易摩擦などの影響で世界貿易量の伸びが鈍化している上、半導体の景気回復の遅れも響き、10ヶ月連続のマイナスとなった。

昨年は、米国が9月から2000億ドル対中制裁を行い、駆け込み需要が発生、間に合わなかった発注分が10月まで輸出を拡大させていた。

輸入額も▲3.0%減の371億7000万ドルと5ヶ月連続減。家電製品や乗用車など消費財の輸入が増えた半面、原油価格の下落で原材料輸入額が減った。
サービス収支は▲25億1000万ドルの赤字で、前年同月から3000万ウォン拡大した。このうち輸送収支が▲3億2000万ウォンの赤字に転落した。
一方、旅行収支の赤字は▲7億8000万ドルで前年同月(11億5000万ドルの赤字)に比べると改善した。
韓国人の出国者数が▲7.9%減少したのに対し、外国人の入国者数が14.2%増加したことによる。
日本の対韓輸出規制後に日本を旅行する韓国人は大幅に減っており、9月は前年同月比▲58.1%激減した。韓国を訪れる日本人は1.3%増えた。
給与・賃金と投資に伴う利子や配当を差し引きした所得収支(第1次所得収支)は14億ドルの黒字で、前年同月(9億7000万ドル)を上回った。韓国企業が海外の現地法人から受け取る配当金などが要因となっている。
以上、

日本企業と同じように労働コストの安価な国を渡り歩いている。
肝心な生産効率を上げ、人海戦術の東南アジアに価格競争力で負けない体質と品質および新製品分野が必要だろう。景気悪では仕方なかろう。
韓国企業も、海外へ出て行ってしまった日本の製造業のようになる。その見返りの配当や金利などが、貿易収支が赤でも所得収支が万年黒字で、経常収支を支えることになる。

日本企業も韓国企業も国内では労働コスト削減政策により非正規雇用を大幅に増加させてきたなもかかわらず、より安価な労働力を追い求め海外へ移転していく。
日本では今や全国の公務員の1/3は非正規公務員といわれるほど、官民とも非正規が大幅に増加し続けている。

日本の企業はこれまでに、アベノミクスで空前の利益を得、労働者に対する分配も行わず、投資もせず、たらふく利益だけを溜め込み、リスクあるものは何もしたくない段階に入っている。
何が問題か、非効率な生産、生産性の低さを欧米から馬鹿にされて久しい。非正規雇用の増加は、賃金が安いことから健康保険や年金財源の収入を大幅に減らし続けている。一方で正規雇用で固められた高給取りたちは退職年齢に至りリタイアする人たちがまだまだ多い。

国家や地方の公務員にあっては、過剰なサービス、非効率な作業、特に統計資料など明治遺産の人海戦術の手法が今に生きているほど原始的。
市町村や国の機関のパソコン・コンピュータが一元管理されず、無駄の山が富士山よりうず高く積もっている。
地方自治・自主権など減らず口ばかりを優先させ、効率などまったく蚊帳の外のままだ。ITが自治体の小単位でもバラバラに管理され、無駄の塊、それでいて、ビッグデータなどと国の偉い人はおっしゃる。

韓国と日本は似ている。
利益の出ている日本は、それでも無人工場化を図る動きにない。建築も工場生産すれば、効率は格段に上がる。
利益が出る大弊害である「何もしないこと」。
不景気になれば非正規雇用を増やせ、低賃金の外国人労働者を受け入れよとしか言わず、生産効率を上げようともしない。
進化させ続ければ少子高齢化にも耐えられるのだが・・・。

口ばかり達者で、努力もせず責任転嫁し、行動力0の民族同士なのだろうか。
減らず口と居直りは圧倒して韓国に分があるようだが・・・。
 

[ 2019年11月 6日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ