アイコン 「(新)町田グランベリーパーク」商業施設と公園オープン 22万平米

 

スポンサード リンク
 

東京都心の郊外の町田市では、東急電鉄の「南町田グランベリーパーク駅」周辺の22万平方メートルの区域で、地域の活性化を図る大規模な再開発が進められていて、新たな生活拠点を造る大規模な再開発が進められその中核となる商業施設と公園が13日オープンした。

新しい商業施設は、延床面積が15万1000㎡で、アウトレット施設を中心に、飲食店や映画館など230店舗が入っている。

目玉の一つとしてスヌーピーミュージアムが閉館した六本木から2倍の規模で移転している。

駅そばで、商業施設はベビーカーを押して歩きやすいように通路を広くし、ペット用の水洗トイレも備えている。

隣接する公園には、芝生の広場やテニスコートなどがあり、商業施設との間を歩いて行き来できる遊歩道も整備されている。

住宅エリアには分譲マンションの開発も進められる。

グランベリーパークは2000年に開業したものの中途半端、今回、新たに商業施設を建築するなど大規模リニューアルし、再オープンするもの。そのためシネコンなどは既存からの建物となっている。店舗数も98店舗から230店舗に大幅に増加させている。

町田市は、今年の人口が初めて減少に転じ、4人に1人が65歳以上のお年寄りと高齢化も進んでいる。

1113_01.jpg

[ 2019年11月13日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ