アイコン 姫路市 工事現場から信管抜かれた不発弾9発 旧日本軍75ミリ砲弾か

11日、兵庫県姫路市は、の姫路市神屋町にある同市文化コンベンションセンター(2021年秋開館予定)新築工事現場で、不発弾9発が見つかったと発表。

起爆させる信管が抜かれているため、爆発の恐れはなく、既に京都市の陸上自衛隊桂駐屯地の不発弾処理隊が10日に回収したという。

姫路市によれば、不発弾は10日午後1時ごろ、工事現場北東の隣地との境界付近で、掘削作業中に地中約1メートルから見つかった。

1発の長さは約30センチ、直径約7.5センチで、旧日本軍の75ミリ砲弾とみられ、発射した形跡はなく、不発処理をして埋設された可能性が高いとのこと。

 
 

現場周辺ではこれまでにも約100発の砲弾が見つかっており、市は工事前から不発弾に注意するよう業者に指示していたが、市は「今後も掘削工事には慎重を期す」としている。

以上、報道より参照

https://news.biglobe.ne.jp/domestic

 

 

[ 2020年10月13日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産