sponsored

北朝鮮国営の朝鮮中央通信(KCNA)は3日、2日朝、東部ウォンサン(元山)沖の海域で、新型の潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)「北極星3」の実験が行われ、成功したと伝えた。

KCNAは、金正恩朝鮮労働党委員長が実験の関係者に「温かい祝意」を送ったとしており、金氏が発射に立ち会わなかったことを示唆した。

なお、先般、映像を公開した新型の潜水艦から発射されたのか、これまでの潜水艦から発射されたのかは不明。新型のSLBMでは間違いなさそうだが・・・。

1週間前には(米)38ノースが、北朝鮮西部沿岸の南浦(ナンポ)海軍造船所で、SLBMの発射準備を進めているとした映像を公開していた。

しかし、今回、発射されたのは東海岸の元山沖だった。どうやって運んだのか、運ぶのはズブズブなのか、単なるカムフラージュだったのか。

↓ロケット坊やがまたロケットで遊びだした
1003_04.jpg