sponsored

10月11・12・13日の週末の北米映画興行収入ランキングで、ワーナー・ブラザースの「ジョーカー」が2週連続首位となった。

ホアキン・フェニックスがDCコミックス「バッドマン」シリーズを代表する悪役の原点を演じている。

調査会社コムスコアの発表によれば、「ジョーカー」の興行収入は5590万ドル(約60億5500万円)。アナリスト予想は4300~4500万ドルだった。

2位はメトロ・ゴールドウィン・メイヤーとユナイテッド・アーティスツ・リリーシングのアニメ版「アダムス・ファミリー」。興行収入は3030万ドルで、アナリスト予想の最高2900万ドルを上回った。

3位は、バイアコム傘下パラマウント・ピクチャーズのウィル・スミス主演「ジェミニマン」。アン・リー監督の同作品は2060万ドルを稼いだ。2位と3位はいずれも初登場。

 

1015_07.jpg

1015_06.jpg