sponsored

パナソニックは17日、米グーグルのバイスプレジデントだった松岡陽子氏(48)を同日付で役員待遇の「フェロー」として迎え入れたと発表した。松岡氏はグーグルや米アップルでスマートホームやヘルスケアの製品などを手がけてきた。パナソニックでも米シリコンバレーを拠点に次世代製品の開発を指揮する。
松岡氏は、新規事業を創出するシリコンバレーのオフィス「パナソニックβ(ベータ)」の最高経営責任者(CEO)も兼務する。
以上、

松下がソニーの真似下から完全に脱却するには、こうした注入が必要だろう。パナ社のテスラと組む二次バッテリー事業も三洋電機の遺産だ。
どう変わろうかではなく、どう変わるのかを明確に打ち出さなければ、松岡氏も早々に逃げ出すことだろう。

シリコンバレーのネスト・ラボ社は、AI(人工知能)を備えたサーモスタットや煙探知機を開発する注目企業。同社は今年、32億ドルでグーグルに買収された。
ネスト社のサーモスタットは、ユーザーの生活パターンや温度設定の癖を理解して、ユーザーに合った室温を自動的に設定しながら、省エネも行うという優れもの。そんなインテリジェントな製品の背後にいるのが、ヨーキー・マツオカ氏だった。

日本で生まれた女性のロボット研究者で、マサチューセッツ工科大学(MIT)やカーネギー・メロン大学、ワシントン大学で研究を重ね、2007年には「天才賞」として知られるマッカーサー・フェローにも選ばれている。
専門分野はAIセンサーロボットのようだ。

 

1017_04.jpg