宇部興産と三菱マテリアルは、12日各々開催の取締役会で2022年4月をめどにセメント事業および関連事業等の統合を実施することに向けた具体的な協議・検討を開始することを決議し、両社間で基本合意書を締結したと発表した。

本統合の範囲は、両社の国内・海外のセメント事業および生コン事業、石灰石資源事業、エネルギー・環境関連事業、建材事業、その他関連事業を予定している。

sponsored

統合する新会社は、両社が各50%出資する。

両社は、1998年に折半出資により宇部三菱セメント(株)を設立、セメント事業を行ってきたが、付帯する両社の事業も含め今回統合するもの。