神奈川県警は、架空の「基幹産業育成資金」という資金提供を持ちかけ、「手続きに金が必要だ」などと嘘を言って神奈川県に住む会社役員の男性から現金1億3000万円をだまし取ったとして66歳の男ら3人を詐欺の疑いで逮捕した。

男性はほかにも30億円余りを振り込んでいて、警察はだまし取られた疑いがあるとみて調べている。

逮捕されたのは東京港区の無職武藤薫容疑者(66)と79歳と59歳の男の合わせて3人。
3人は神奈川県内に住む会社役員の70歳の男性に『基幹産業育成資金』という架空の資金提供を持ちかけ、「手続きに金が必要だ」などと嘘を言って3年前の9月に男性から現金1億3000万円をだまし取ったとして詐欺の疑いが持たれている。

sponsored


男性に対し『基幹産業育成資金』について「敗戦時に海外に持ち出された日本の金銀を財源にしている」と説明し、2800億円を提供できると伝えていたという。

これまでの調べで男性は別の金融ブローカーを通じて武藤容疑者らと知り合い、ほかにも30億円余りを振り込んでいるということで、警察はだまし取られた疑いがあるとみて調べている。
以上、

典型的な詐取の手口、まだ敗戦時の○○機関の資金とかが詐取に利用され、30億円も振り込む人がいるとは・・・。
アフリカのダイアモンド、ロシアの金、埋蔵金、海外の財宝・・・、立派なパンフレットやHPを開設し、騙す手口は何でもよいようだ。