アイコン 地面師3人逮捕 目白の土地の売買代金約2億円詐取 社員として送り込む巧妙な手口


警視庁は、都内豊島区目白にある空地の売買をめぐり、都内の不動産会社から約2億円を騙し取ったとして、地面師グループの3人を詐欺容疑で逮捕した。
地面師たちの計画は用意周到に、売主の不動産会社に社員として入り込み、被害者を信用させた疑いも持たれている。

3年前の2018年、A不動産会社が所有する豊島区のJR目白駅から西に約900メートルの閑静な住宅街にある約360平方メートルの空地の売買、B不動産会社が正式に約2億円で売買契約して、その代金を振り込んだはずだった・・・。
B不動産は代金を振り込んだものの、A不動産の口座に入金されず事件が発覚した。

スポンサーリンク

A不動産会社が、B不動産会社に通知していた振込用の銀行口座、これをA不動産会社の社員が、(詐欺用に同社名で新たな銀行に開設した)銀行口座に変更、B不動産会社は、新たに指定された銀行口座に振り込んだ。

A不動産会社は、B不動産会社から入金がなかなかないことからB不動産会社に確認したところ、B不動産会社はすでに振り込んだとの回答、

A不動産会社は、B不動産会社が送金した振込用紙を確認し、その振込先銀行に問い合わせたところ、A不動産会社が認識していないA不動産名義の口座が開設され、その口座にB不動産会社から振り込まれていたことが発覚。今回の詐欺事件となった。
逮捕されたのは、栃木県下野市の無職、上野健二容疑者(57)ら3人。

3人のうちの一人が、今回の売買の契約窓口となって被害者のB不動産を信用させた疑いが持たれている。
以上、

お金はすでに沈めて戻らないだろう。
A不動産会社にはB不動産会社が信じるに足りる社員(当売買交渉の役務)が介在しており、B不動産会社がA不動の産会社に対して損害賠償の民事訴訟を起こした場合、・・・。
逮捕された輩は詐欺からなかなか抜け出せず、再び詐欺の人生を送る人たちがほとんど。

[ 2021年10月26日 ]

スポンサーリンク
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

スポンサーリンク
 

関連記事

 

 



PICK UP


破産・小口倒産一覧