北朝鮮の朝鮮中央通信は22日、「1200万枚のビラを印刷した」として、「約3000個の風船など、南朝鮮の縦深まで散布できるさまざまな手段が準備された」と報じた。
朝鮮戦争勃発から70年となる6月25日に合わせ、ビラ戦の報復戦を行う計画のようである。

与党「共に民主党」は、北朝鮮の韓国へのビラ散布計画について、「(文在寅大統領を非難する)汚い内容が盛り込まれたビラ散布は、国際社会の嘲笑を買う、名分も実利もすべて失う行動だ」と批判した。

金与正氏が主導した南北連絡事務所の爆破後も、板門店宣言の国会批准同意を主張していた民主党だが、文大統領を非難する対南ビラ散布計画には怒りをあらわにした。

民主党の姜勳植首席報道官は20日、「大韓民国は大統領への批判や誹謗も受け入れる表現の自由がある国で、対南ビラの目的を達成するのは難しいだろう」、「無意味なことに時間と労力をかけるよりは、真剣かつ成熟した姿勢で対話の道に復帰すべきだ」とし、「対北ビラ問題をきちんと解決したい。北側も理性的に対応せよ」と語った。
以上、

sponsored


ハノイ米朝首脳会談決裂後から北朝鮮は韓国に対して仲介者面した偽善者などと中傷してきたが、何もできない口先だけの南の従北者らに何も期待できないと悟ったのが現実。

そして北は、文在寅-金正恩間のシンボルとなった合同連絡事務所を爆破破壊。

南は退路を断たない限り北への道は断たれている。南が退路を断つには国連制裁、米独自制裁を土足で踏みつけ北朝鮮に同化前進させるしかない。文在寅氏の自由民主統一など絵空事に過ぎず、腫れ物に触るような卑屈な態度も北に付け入るスキを与え続けている。今回も文在寅氏は忍耐だぁ、忍耐だぁと自らと我慢比べしている。

ただ、韓国への北朝鮮ビラの散布は、今の時期、北の風が吹かない限り不可能、諸葛孔明でも蘇らせ、夏、北の風が吹く日を予見してもらうしかない。ドローンはレーダーにかからないことから、ドローンでも飛ばすのだろうか。紙はまとまれば結構重たい。
  どれほどの内容か興味が沸く。北の坊ちゃんも南の住民をがっかりさせてはなるまい。各種ありそうで、全部集めたら、ネットで高く売れそう。


0622_03.jpg