武田薬品工業が8月19日までに、栄養ドリンク「アリナミン」などを販売する国内の大衆薬子会社「武田コンシューマーヘルスケア(武田CH)」を、米大手投資会社のブラックストーン・グループに売却する交渉を行っている。売却金額は3000億円規模とみられる。
武田は、昨年1月、アイルランド製薬大手シャイアーを買収。5兆円超に膨らんだ有利子負債を圧縮するため、100億ドル(1兆500億円)を目標に非中核事業の売却を進めている。
以上、
福岡の修猷館⇒早稲田(尻軽人の多い大学)OBの遇者が外人さんたちばかりに経営させており、いずれ本体も売却することだろう。

sponsored


武田薬品工業は8月7日、新コロナワクチン開発や製造で、米バイオ企業ノババックスと提携したと発表した。ノババックスが開発中のワクチンについて、厚労省の助成金を受けて製造技術の移転や生産設備の整備を行う。年間2億5000万回分以上の生産能力整備を目指す。

武田薬品が新型コロナのワクチンで提携するのは初めて。金額は非公表。来年後半に最初の製品を製造できる見通し。
以上、
ほかのワクチン開発会社が先行しており、そうした市場で先行したワクチンより、ノババックス・ワクチンがあらゆる面で優位性がなければ商品価値はない。