アイコン 安倍首相 持病が悪化したことなど理由に辞任の意向固める

Posted:[ 2020年8月28日 ]

安倍総理大臣が、持病が悪化したことなどから国政に支障が出る事態は避けたいとして、総理大臣を辞任する意向を固めたことがわかった。

安倍総理大臣は、ことしの夏は、新型コロナウイルスへの対応などで、連日、総理大臣官邸に入り、執務にあたり、今月16日からは3日間夏休みを取り、都内の自宅で過ごしたが、17日には東京・新宿区の慶応大学病院におよそ7時間半滞在して日帰りの検診を受けた。




1週間後の24日にも再び慶応大学病院を訪れ、およそ3時間半滞在したあと「17日の検査の結果を詳しくうかがい、追加的な検査を行った。体調管理に万全を期して、これから仕事を頑張りたい」と述べていた矢先、安倍首相は、検査の結果、持病の「潰瘍性大腸炎」が悪化していることが分かったことなどから国政に支障が出る事態は避けたいとして、総理大臣を辞任する意向を固めた。

本日、28日午後5時から、総理大臣官邸で記者会見することになっており、辞任の理由などをみずから説明するものとみられている。

以上、報道より参照

結局、悲願の憲法改正にはならず、オリンピックも迎えられなかった、安倍首相。

色々問題はあった政権ではあるが、コロナですべてが狂ってしまった、残念。

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。