日本郵船と東芝エネルギーシステムズ、川崎重工業は1日、水素をエネルギー源とし、航海中に温室効果ガスを排出しない燃料電池船の建造を2023年に始めると発表した。
2024年6月から半年間、横浜港沿岸で実証運航する。
建造や運航、水素の供給まで手掛ける日本初の取り組みとしている。実証運航船をベースとして30年前後に内航貨物船での実用化を目指す。
東芝エネルギーシステムズが燃料電池を開発し、川崎重工業が船内の水素管理に携わる。水素はENEOSが供給する。
日本海事協会も参加し安全性を評価する。実証運航船は全長約25メートル、約100人が乗れる150トン級とする。

sponsored


 

0902_06.jpg

トヨタは
トヨタは舶用燃料電池システムを開発、海水から水素を造り、自己費消外型の燃料要らずの船舶開発を目指している。

何れにしろ、日本は周回遅れ、描き、計画し、立ち上げるまでの期間が長すぎ、その間に世界は先に進んで見えなくなっている。

しかも、フランスでは
「エナジー・オブザーヴァー」が世界一周中。太陽光発電と海水から水素を取り出し燃料電池にして、航行している。

0902_07.jpg