アイコン 西宮市役所主査ら「持続化給付金」詐欺1.7億円 ネット申請でチョロかった

Posted:[ 2020年9月29日 ]

兵庫県警暴力団対策課などは28日、新コロナの影響で収入が減った個人事業主らを支援する国の「持続化給付金」をだまし取ったとして、詐欺容疑で同県西宮市役所監査事務局の副主査、波多野光裕容疑者(39)ら3人を逮捕した。警察は認否は明らかにしていない。

逮捕容疑は6月14日、神戸市東灘区の不動産会社役員、依田利大容疑者(48)らと共謀し、インターネット上の申請ページで収入が減ったとする虚偽の内容を入力し、給付金100万円を振り込ませてだまし取った疑いがもたれている。




県警によると、依田容疑者は他人の名義を使って同様の手口で虚偽申請を繰り返しており、これまでに同容疑で2回逮捕されている。

県警は、不正総額が約1億7000万円に上る可能性があるとみている。

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。