アイコン 長崎県警女性警部 不倫相手の長崎新聞記者に情報漏洩 検察書類送検

長崎新聞

長崎県警察本部の生活安全部に所属している40代の女性警部が、交際していたとされる長崎新聞社の報道記者に捜査情報を漏らし、地方公務員法違反の疑いで書類送検されたことがわかった。

警察官が新聞記者への情報提供で書類送検されるのは異例で、女性警部は昨年8月、捜査情報1件を長崎新聞の報道記者に漏らし、地方公務員法違反の疑いがあるとしているが、警察の調べに対し容疑を認めているという。

警部は「提供した情報などで、記者が記事を書くのがうれしくて教えてしまった」と供述、長崎県警察本部は情報漏えいに加え、報道記者と不適切な交際をしており、同容疑以外にも10件ほどの捜査情報や警察内部の情報を漏らしたなどとして停職6ヶ月の懲戒処分を下した。

なお、警部は5日付けで依願退職、警部が漏らした情報が報道されたことが複数回あったとのことだ。

長崎県警察本部は「情報漏えいが発覚したため、通常どおりの処分とした」とし、長崎新聞社は、「取材の過程においても報道倫理、社会通念に反する行為が伴うことは許されません。皆様に不快な思いをさせ、ご迷惑をおかけしたことを深くおわびいたします」という談話を発表しているが、HPなどを見る限り公式にリリースは残していない。

以上、報道など参照

 

捜査中の案件は起訴されるまでは犯罪が確定していない事案であり、送検すれば警察では確定しており、それなりに記事にはできるが、ほか記事にするときにはそれなりの裏づけが必要となる。そのため記者たちは早期に記事にするため、汗を流して確証となる情報を探し記事にしている。この記者は汗をかくところを間違えたようだ。

現在、取材力を持つ記者は、週刊誌の契約記者たちばかりではないだろうか。
記事になって何ボの世界だ。
週刊誌や新聞社としても記事にしないことで先生たちに貸しも作れるというもの。

中央の大手新聞社は放送局とも緻密な関係、広告を出さぬぞと経団連(奥田+宮田の例あり)に脅され、奈良の化け猫女に脅迫され記事など書けるわけがない。TV・新聞広告はオリンピックを取り仕切る電通が支配もしている。
そうしているうちに政治も経済も社会も記者たちは取材力さえなくしてしまった。盛り掛けですら中途半端に終わらせた。今では取材してもお上が怖くて後追い記事にするのが慣例、スクープは週刊誌に任せている。それぞれの関係団体が何か発表するのを手薬煉引いて待ち構え、記事にしているのが現状の新聞記事ではないだろうか。
以上、

建設業では、官側が建設業者に入札情報を提供した場合、官製談合として逮捕される。

[ 2021年3月 6日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産