アイコン 大阪市役所 ポイント稼ぎパソコン2千時間 パワハラ・マタハラ課長も ともに3ヶ月の処分

Posted:[ 2021年3月30日 ]



大阪市は30日、市健康局保健所管理課所属の男性課長(59)が勤務中に職場のパソコンから、ポイントをためるインターネットサイトに計約2千時間アクセスしていたとして、停職3ヶ月の懲戒処分とした。

 市によると、男性課長は2017年10月から2020年7月、サイトで広告を見たり、クイズに答えたりしてポイントをためていた。1ポイント約0.5円の還元率で、約1万8千ポイント貯めていた。「家庭内の事情でストレスがたまっていた」と理由を説明している。

 また、同市住吉区役所の男性課長(58)も、部下や同僚にマタハラやパワハラをしていたとして、停職3ヶ月の懲戒処分とした。

以上、2人の課長、異常地帯大阪の出来事。



ポイントの課長は、1時間あたりの給与を算出して2000時間分の給与を返還させるのが妥当な処置ではないだろうか。

また、マタハラ・パワハラは法律の刑事事件での申告制ではなく、役所が認めた段階で、役所は刑事告発すべきではないだろうか。多くの部下や同僚が精神衛生上、仕事に大きな悪影響を及ぼしたものと見られ、一時的でもウツになった人も大勢いることだろう。

ヒステリーを上司にしてはならない。

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。