アイコン 元湖西市議練炭自殺か 少年児童ポルノで逮捕・処分保留釈放

スポンサード リンク

神奈川県警に児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで逮捕され、その後釈放された島田正次元静岡県湖西市議(70)が、浜松市内に止めた車内から遺体で見つかっていたことが22日、捜査関係者への取材で分かったと共同新聞が報じている。

死因は一酸化炭素中毒で、現場の状況から練炭自殺とみられる。

捜査関係者によると、島田元市議は21日午前、浜松市の駐車場に止めた車の中で発見された。遺書の有無は明らかになっていない。

 島田元市議は昨年3月、当時中学3年だった少年に下半身を露出させた写真を撮影させ、LINEで送信させたなどとして今月10日、神奈川県警に逮捕された。17日に処分保留で釈放されていた。

以上、報道参照

スポンサード リンク
[ 2018年1月23日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ