アイコン 慶応大生 弟への説教止めようとして父親死亡

スポンサード リンク

警視庁田園調布警察署は19日までに、同居する父親をナイフで刺したとして、殺人未遂容疑で東京都大田区、慶応大生鳥屋智成容疑者(20)を現行犯逮捕した。
父親は病院に搬送されたが死亡が確認された。同署は容疑を殺人に切り替えて調べる。

田園調布署によると、智成容疑者は多可三さんと50代の母親、弟の4人暮らし。鳥屋智成容疑者は、18日午後10時10分ごろ、自宅マンションで、父親の鳥屋多可三と弟がリビングで説教・口論になったのを止めに入った際、多可三さんに対して「やめないなら刺すぞ」と言って、家にあった果物ナイフ(刃渡り約10センチ)で腹を1回刺したという。別の部屋にいた母親が119番した。
以上、

子供の育て方が悪かったといえばそれまでだが、難しい。亡くなった親も刺した息子にとっても家族全員にとって悲しい事件。

社  名
ブルースカイリビングサポート(株)
所在地
東京都渋谷区宇田川町2-1
設  立
2011年1月27日
資本金
10,000,000
代表取締役
鳥屋 多可三
事業内容
・不動産の継承に関する支援事業
・エネルギーマネージメント事業
・相続不動産の活用提案事業
・「セカンドライフ」提案事業
・マンションの管理組合への運営アドバイス事業
・不動産コンサルティングおよび仲介事業等
代表略歴
慶應義塾大学法学部法律学科にて、昭和・平成期の民法学者人見康子名誉教授を師事し、親族・相続を研究。卒業後は(社)マスコミ世論研究所に勤務。衆議院議員上田哲の秘書として中小・零細企業支援、町の民と官の問題解決から相続問題まで、「法の究極に在るもの」を実践・探求。

スポンサード リンク
[ 2018年1月19日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ