アイコン 聖カタリナ学園高 男性教諭女子ソフト部員と相撲のセクハラ・体罰乱発 監督停止だけ

スポンサード リンク

愛媛県松山市の聖カタリナ学園高は17日、女子ソフトボール部監督の30代の男性教諭が、部員に「彼女にしてやろか」といったセクハラ発言や体罰をしたなどとして、校長訓戒処分とし、監督としての活動も無期限停止にしたと発表した。

保護者から連絡があり、学校側が調査していた。

男性教諭は昨年4月に監督就任、昨夏高校総体出場を果たす一方、昨年7~12月、2年生部員4人を「拳」で殴ったり、「平手」でたたいたりする体罰を加え、このうち1人に
1、「彼女にしてやろうか」
2、「技術指導をして欲しければ先生と相撲を取れ」と発言し、この部員は実際に相撲を取らされたという。
また、
3、「女子なんだからむだ毛は剃(そ)らないと」
4、「部活に来ないなら奨学金を受ける資格はない」
5、「お前たちでは勝てない。退部届を出せ」

処分は昨年12月18日付。

当該男性教諭は、現在も、被害女性がいる教室の授業も担当しているといい、被害を受けた2年生の4人の部員のうち2人は登校できない状態が続いているという。
以上、

無期限停止では、ほとぼり冷めたらいつでも停止が解かれる可能性がある。
男性教諭は常識・非常識の区別もなく、教育者としての自覚が大きく欠乏しているようだが、こうした先生を作り出す教育システムそのものがなっとらん。

スポンサード リンク
[ 2018年1月18日 ]

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ