アイコン (有)マルマン鷲野商店(静岡)/破産開始決定

 

 

水産物卸業の(有)マルマン鷲野商店(静岡県焼津市本町2-1-6、代表:鷲野恵一)は3月8日、静岡地方裁判所において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、蒲生武幸弁護士(電話054-288-7321)が選任されている。

スポンサード リンク

同社は平成10年4月設立の水産物販売業・食堂経営会社。「焼津さかなセンター」内に店舗を構えていたが、観光客の減少が続き、販売不振が続き、行き詰った。

世の政策はインバウンド万歳・万歳・万々歳の風潮だが、日本人の国内宿泊観光客は減り続けており、本末転倒の政策としか言いようがない。高速道路代金を半額にするなど平行して対策を練るべきだろう。

 

 

 

スポンサード リンク
[ 2018年3月26日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ