アイコン 追報:阿波おどりの徳島観光協会 徳島市の破産申立権の濫用の意見書提出

 

 

踊るあほうに見るあほう。全国から見られている。

徳島市観光協会は26日、徳島市が阿波おどりの運営で4億2400万円の累積赤字を抱える同協会を破産申し立てた問題で、徳島市が金融機関の債権回収を待たずに、金融機関から債権譲渡を受け、協会の破産を申し立てたのは「破産申し立て権の濫用にあたる」などとした追加の意見書を地裁に提出した。

スポンサード リンク

同協会が記者会見を開き、明らかにした。意見書によると、債権を譲り受けたのは「目的が債権の回収ではなく、破産の申し立てだったことが明らか」として権利の濫用を訴えた。

 一方、意見書では、同協会とともに主催してきた徳島新聞社が「協会の債務を負担する法的義務を負わない」とする意見書を22日付で提出していたことも記されていた。

同協会が「赤字の原因は徳島新聞社にもある」として、債務の半分にあたる2億1800万円の負担を求める意見書を15日に提出していたが、これに反論したとみられる。

既報記事
徳島阿波踊りPRの公益社団法人徳島市観光協会/徳島市から破産申し立てられる

累損▲4億36百万円の「阿波おどり」 徳島市が観光協会調査 市長と会長のゴタゴタ

阿波踊り

 

スポンサード リンク
[ 2018年3月27日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ