アイコン 「ジャンボおしどり寿司」のエコー商事(株)(神奈川)/民事再生申請

 

 

回転寿司「ジャンボおしどり寿司」のエコー商事(株)(神奈川県横浜市港南区日野8-4、代表:柏木克彦)は4月2日、申請処理を樋口收弁護士(電話03-3560-5051)ほかに一任して、東京地方裁判所へ民事再生法の適用申請し、監督命令を受けた。

負債額は約15億円。

スポンサード リンク

同社は昭和57年1月設立のファミリータイプの回転寿司「ジャンボおしどり寿司」チェーン店の経営会社。平成19年12月期には店舗展開により30億円超の売上高を計上していた。しかし、その後は消費不況、同業者乱立・競争激化、原材料の高騰などから売上不振・採算性の悪化をまねき、過去の店舗展開における借入金も負担が大きくなり、今回の事態に至った。

なお、県内にある12店舗は民事再生申請のため継続して行われている。

今後の再生において、不採算店の閉鎖は免れないだろう。

スポンサード リンク
[ 2018年4月 2日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ