アイコン 大朋建設(株)(富山)/破産開始決定

 

 

土木工事の大朋建設(株)(富山県高岡市下牧野3403、代表:林政彦)は4月23日、申請処理を本多利光弁護士(電話0766-22-9161)に一任して、富山地裁高岡支部において、破産手続きの開始決定を受けた。破産管財人には、武島直子弁護士(電話0766-54-6120)が選任されている。

負債額は約3億5千万円。

同社は平成16年5月設立の土木工事業者。官庁工事や土木や建築工事会社からの下請け工事を受注し、平成27年7月期には4億円以上の売上高を計上していた。しかし、採算性を悪化させ、選別受注を強化したものの、受注減少から債務超過に陥り、借入負担も大きく、先行きの改善が見込めない見通しから今回の事態に至った。

スポンサード リンク

大朋建設(株)の財務内容と業績 平成29年7月期/千円

流動資産

304,905

流動負債

278,998

 

 

固定負債

117,599

固定資産

52,155

自己資本

-39,537

 

 

(資本金)

10,000

総資産

357,060

負債+資本

357,060

売上高

粗利益

経常利益

自己資本率

244,401

41,812

-6,803

債務超過

・土木工事ほか

 

スポンサード リンク
[ 2018年4月25日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ