アイコン 近藤建設(株)、(株)司ハウジング(大阪)/自己破産へ

 

 

建築工事の近藤建設(株)(大阪市東淀川区東中島5-17-6、代表:近藤竹司)と関連の(株)司ハウジング(同、代表:近藤光由)は4月25日事業停止、事後処理を山下遼太郎弁護士(電話06-6202-3355)に一任して、自己破産申請の準備に入った。

負債額は近藤建設が約14億円、司ハウジングが約1億円。

スポンサード リンク

近藤建設(株)は昭和34年創業の建築工事業者。同社はマンションや事務所、商業施設や新築住宅の工事を受注していた。以前は25億円以上の売上高を計上していたが、その後は建築需要の減少と受注競争激化により、平成29年1月期には9億円台まで売上高が減少するとともに、採算性の悪化に加え外注労務費の高騰により、赤字経営が続いていた。資金繰りも今後の見通しも立たないことから今回の事態となった。

(株)司ハウジングは実質親会社の近藤建設の破綻に連鎖した。

スポンサード リンク
[ 2018年5月 7日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ