アイコン 「カルビ屋大福」(株)味匠(香川)/会社分割 再建へ

 

 

「カルビ屋大福」など外食事業展開の(株)味匠(香川県坂出市常盤町1-7-8、代表:榊和行)は6月1日、事後処理を西村直樹弁護士(電話06-6226-0032)ほかに一任して会社分割、事業を新設会社(株)さぬきに譲渡し、(株)味匠は(株)SK産業に社名変更した。

スポンサード リンク

(株)味匠は昭和63年3月に仕出し弁当屋として設立された。その後、カルビ屋大福などの外食事業を展開、ホテル3棟、アミューズメント施設経営など多角化をはかり、平成24年9月期には40億円以上の売上高を計上した。しかし、消費不況の浸透、少子化、競争激化などから、不振が続いていたホテル事業を売却して撤退、売上高も平成29年期には31億円台まで減少し、多額の有利子負債を抱え赤字経営に至っていた。今般、金融機関の協力を得、(株)味匠は会社分割して現業部門を新設会社の(株)さぬきが引き継ぎ事業を再建することになった。

スポンサード リンク
[ 2018年6月 4日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ