アイコン 追報:(株)ジーンズショップオサダ(静岡)/民事再生申請 店舗全国展開

 

 

ジーンズショップ展開の(株)ジーンズショップオサダ(静岡市清水区江尻町14-50、代表:長田輝忠)は6月8日、申請処理を鈴木規央弁護士(電話03-5501-2166)に一任して、東京地方裁判所へ民事再生法の適用申請を行い、保全監督命令を受けた。監督員には、澤田和也弁護士(電話03-5510-7703)が選任されている。

負債額は約16億円。

同社は昭和46年12月設立のジーンズ等のカジュアル衣料販売会社。静岡県下で店舗展開し、平成18年8月期は約46億円の売上高を計上していた。しかし、その後の長期にわたる消費不況により、競争激化、売上高・採算性とも悪化させ、さらに起死回生のため全国へ店舗展開したものの、業績改善にはいたらなかった。同社は店舗展開における借入金が大きく、経営不振が続き、財務内容を抜本的に改善させて再生をはかるため、今回の申請となった。

企業再生コンサルの(株)KSGとの間でスポンサー契約を締結、民事再生下のつなぎ融資(DIPファイナンス)等の支援受ける計画。

スポンサード リンク
社名
株式会社KSG(旧:㈱経営戦略合同事務所)
所在地
東京都港区新橋三丁目8番8号
代表
会長:天井 次夫
社長:眞藤 健一
設立
平成19年3月
資本金
5000万円
従業員数
12名(グループ合計208名)
事業内容
戦略コンサル事業
M&Aアドバイザリー
企業再生
不動産関連事業
ファイナンス支援
プリンシパルインベストメント事業
  メディア関連事業
M&Aタイムス
  人材関連事業
顧問ネット事業
 

スポンサード リンク
[ 2018年6月11日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ