アイコン 追報:日本海洋掘削(株)(東京)/会社更生法開始決定

 

 

既報。海洋坑井掘削の日本海洋掘削(株)(所在地:東京都中央区日本橋堀留町2-4-3 代表:安井泰朗)は7月25日、東京地裁において会社更生手続き開始決定を受けた。

スポンサード リンク

負債総額は約905億円。

更生管財人には、片山英二弁護士(TEL:03-3273-2600)と代表の安井泰朗氏が選任されている。

 

既報記事
東証1部上場の日本海洋掘削(株)(東京)/会社更生法申請 負債額は900億円

日本海洋掘削(株)は昭和43年4月設立された石油・天然ガスの海洋掘削会社。所有する海洋掘削リグ船により、国内外で掘削サービスを提供していた。

平成21年12月に東証1部に上場、26年3月期には連結売上高401億円を計上していた。しかし、2014年の原油価格暴落により石油会社の投資意欲が急激に減退、所有掘削リグ7基「HAKURYU-5」、「HAKURYU-11」、「HAKURYU-12」、「SAGADRIL-1」、「SAGADRIL-2」、「HAKURYU-10」「NAGA 1」の稼動が悪化、特に海上型であり生産コストも高く、その影響を大きく受け、平成30年3月期まで3期連続で営業損失、経常損失、当期損失を計上していた。

スポンサード リンク
[ 2018年7月26日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ