アイコン オウム残り6人に死刑執行 教団の死刑囚13人全員執行終了 上川法務大臣が会見へ

 

 

オウム真理教の一連の事件で死刑が確定していた6人の死刑が執行されたことがわかった。

ついで、法務省はオウム真理教の一連の事件で死刑が確定していた6人の死刑執行について、上川法務大臣が26日午前11時5分めどで臨時の記者会見を行うと発表。

以上報道より参照

報道によれば、死刑が執行されたのは、岡崎一明死刑囚(57)、横山真人死刑囚(54)、端本悟死刑囚(51)、林泰男死刑囚(60)、豊田亨死刑囚(50)、広瀬健一死刑囚(54)の合わせて6人。

教団の元死刑囚ら7人は、今月6日に刑が執行されており、これで13人の死刑囚全員に刑が執行されたことになった。

オウム事件から23年余り、これで事件も一つの終わりを迎えたが、オウム事件の真相はどこまで解明できているのだろうか。

 

画像は元オウム真理教代表の浅原彰晃死刑囚。

麻原彰晃

スポンサード リンク

オウム真理教の死刑囚6人に刑執行
2018年7月26日 9時31分

オウム真理教の一連の事件で死刑が確定していた6人の死刑が執行されたことが関係者への取材でわかりました。
関係者によりますと、死刑が執行されたのは、岡崎一明死刑囚(57)、横山真人死刑囚(54)、端本悟死刑囚(51)、林泰男死刑囚(60)、豊田亨死刑囚(50)、広瀬健一死刑囚(54)の合わせて6人です。
https://www3.nhk.or.jp/news/html
 

スポンサード リンク
[ 2018年7月26日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ