アイコン ヤバネスポーツ(株)(東京)/民事再生申請  野球、フットサル用品に強み

 

 

老舗スポーツ用品卸販売会社のヤバネスポーツ(株)(東京都台東区浅草橋2-28-12、代表:村川泰光)は7月12日、申請処理を橋本芳則弁護士(電話06-6364-6411)ほかに一任して、東京地方裁判所へ民事再生法の適用申請をした。

負債額は16億円。

同社は大正13年創業の老舗スポーツ用品卸販売会社。各種スポーツ用品や学校の体育器具を扱い、企業利益も拡大、個人取得も拡大としたバブル期の昭和60年7月期には約130億円の売上高を計上した。しかし、バブル崩壊後、スポーツ市場の縮小、少子化の進行、大型スポーツ専門店チェーンの台頭などから、同社の顧客である地域のスポーツ用品店は売り上げ不振から淘汰され、平成29年7月期の同社の売上高は約31億円まで減少していた。

スポンサード リンク

経営の重石になっている借り入れ負担もあり、抜本的に財務内容を改善するため、今回の申請となった。

アベノミクスは、バブル期とは根本的に異なり、大手企業が最高の利益を更新し続ける中、勤労者の所得は増えず、税や社会保険料、公的個人負担は逆に増加し、少子高齢化も進み、消費は全般限られている。株価が低迷すれば、成金投資家ご用達の百貨店の売上高も萎む。

それでもリーマン・ショック前は、近くの町内体育館でもフットサルの練習風景が見えていたが、最近はそれも見えなくなっている。

スポンサード リンク
[ 2018年7月12日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
  • 同じカテゴリーの記事です。
  •   
スポンサード リンク
 


PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ