アイコン 日系銀行・金融機関 韓国企業に34兆ウォン融資

 

スポンサード リンク
 

韓国金融監督院が国会政務委員会による国政監査を控え8日までに提出した資料によると、韓国の大企業が国内外で日系の金融機関から受けている融資額が、34兆8000億ウォン(約3兆1200億円)に上ることが分かったと報じられている。

韓国に進出している日系金融機関(外国銀行の韓国支店ベース)が、韓国国内の「主債務系列」に貸付額は6月末時点で12兆7000億ウォンだった。

金融監督院が定める主債務系列とは、金融機関からの貸付額が一定額以上の企業グループのことで、つまり韓国屈指の企業を指す。主債務系列に属する企業の多くが海外に法人を置いており、これら海外法人が現地の日系金融機関の与信枠を活用することもある。
海外での日系金融機関からの借入額は22兆1000億ウォン。

韓国国内と海外の合計は34兆8000億ウォンとなる。

日本が7月に対韓輸出規制を強化するなど、日韓関係は悪化の一途をたどっているが、金融分野に大きな変化といえる動きはないとしている。
以上、

日本企業は空前の利益を内部留保して溜め込んでおり、借り入れる気力はさらさらない。

韓国証券市場に日本の年金投資機構が7千億円あまり投資していると韓国で報道されていたが、その後どうしたのだろうか。
一時、KOSPI(韓国総合指数)は1900ポイントから2100ポイントに戻ったときに売り抜けたのだろうか、それとも韓国大好きとして塩漬けにしているのだろうか。

8日現在2040ポイントのマジノ線付近。昨年1月は2570ポイントだった。
漬かりすぎた塩さばは健康によくない。下痢する。

[ 2019年10月 8日 ]

 

 

 

関連記事

 

 



PICK UP


PICK UP - 倒産

↑トップへ