sponsored

世界経済フォーラム(WEF)が4日発表した2019年の「旅行・観光競争力リポート」によると、日本は世界の観光力ランキングで総合4位となり、前回17年の調査から横ばいだった(2年に1回発表)。

リポートは日本について、「訪問者はそのユニークな文化資源に魅了されている」と高く評価する一方で、「自然資源の活用に関しては改善の余地がある」と注文を付けた。
 
調査は世界の140ヶ国・地域を対象に実施。「自然資源」「文化資源」「空港インフラ」など14項目で競争力を指数化し、ランキングにしたもの。
 
首位はスペイン。2位フランス、3位ドイツと続き、上位の顔触れは前回調査と同じだった。
WEFのクリストフ・ウォルフ氏は「観光から長期的な利益を得るためには、インフラ整備と環境保護のバランスを取ることが欠かせない」と述べている。

 

T&T Competitiveness Index 2019 Overall Rankings
WEF 旅行・観光力ランキング「旅行・観光競争力リポート」
 
Rankings
スコア
Diff. from Global Avg.
1
スペイン
5.4
41.4
2
フランス
5.4
40.4
3
ドイツ
5.4
40.0
4
日本
5.4
39.6
5
米国
5.3
36.6
6
英国
5.2
34.9
7
オーストラリア
5.1
33.6
8
イタリア
5.1
32.2
9
カナダ
5.1
31.3
10
スイス
5.0
30.4
11
オーストリア
5.0
28.8
12
ポルトガル
4.9
27.2
13
中国
4.9
26.7
14
香港
4.8
25.1
15
オランダ
4.8
24.5
16
韓国
4.8
24.3
17
シンガポール
4.8
23.7
18
ニュージーランド
4.7
23.4
19
メキシコ
4.7
21.9
20
ノルウェー
4.6
19.4
21
デンマーク
4.6
19.1
22
スウェーデン
4.6
18.6
23
ルクセンブルグ
4.6
18.4
24
ベルギー
4.5
18.2
25
ギリシャ
4.5
18.1
26
アイルランド
4.5
18.0
27
クロアチア
4.5
17.6
28
フィンランド
4.5
17.4
29
マレーシア
4.5
17.3
30
アイスランド
4.5
17.0
31
タイ
4.5
16.9
32
ブラジル
4.5
15.8
33
UAE
4.4
15.3
34
インド
4.4
14.9
35
マルタ
4.4
13.3
36
スロベニア
4.3
13.0
37
台湾
4.3
12.6
38
チェコ
4.3
12.5
39
ロシア
4.3
12.2
40
インドネシア
4.3
11.0
41
コスタリカ
4.3
10.9
42
ポーランド
4.2
10.0
43
トルコ
4.2
9.8
44
キプロス
4.2
9.6
45
ブルガリア
4.2
9.5
46
エストニア
4.2
9.1
47
パナマ
4.2
9.0
48
ハンガリー
4.2
9.0
49
ペルー
4.2
8.3
50
アルゼンチン
4.2
7.9
詳細は(英語)、
 
 
0905_01.jpg