アイコン 事業再生ADR活用 (株)フタバ図書(広島)新会社に事業譲渡

(株)フタバ図書(広島市西区観音本町2-8-22)は1月28日、3月1日付でファンドなどが出資する新会社へ事業譲渡すると発表、事業再生ADR手続きを活用するという。

出資額は6社(ひろしまイノベーション推進機構、日本出版販売、蔦屋書店(東京・渋谷)、広島マツダ(広島市)、エディオン、もみじ銀行)で合計9億円。

 
 

同社は1913年創業の老舗で、「複合専門書店チェーン」として広島県内を中心に関東圏にも店舗を展開。

事業多角化が失敗、さらに書店業界を取り巻く環境の悪化を受けて業績も低迷し、資金繰りも悪化。

そんなおり、昨年新たにスポンサーがつき、会社分割の方式で再建を目指す調整に入っていた。

 

フタバ図書概要

業種

書店経営(書籍・雑誌小売)ほか

本店住所

広島市西区観音本町2-8-22

代表

世良 茂雄

創業

大正2923

設立

昭和26723

資本金

4,950万円

従業員

253

 

 

[ 2021年1月29日 ]
 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産