sponsored

今年7月、女性に睡眠薬を飲ませたうえ性的暴行をしたとして、逮捕・起訴された三菱UFJ銀行の元社員が、ほかにも2人の女性に対し同じ手口で暴行したとして警視庁に再逮捕された。調べに対して容疑を否認しているという。

再逮捕されたのは、三菱UFJ銀行から子会社に出向していた元社員の千秋凉祐容疑者(28)。

今年3月、スマホの婚活アプリで知り合った20代の女性2人に、それぞれ都内の飲食店で飲み物などに睡眠薬を入れて飲ませたうえ、ホテルに連れて行き、性的暴行をした疑いが持たれている。

千秋容疑者は、同じ手口で別の女性に暴行したとして、今年7月に逮捕・起訴され、会社から解雇されている。

押収されたパソコンからは、同じ手口による暴行を繰り返していたことをうかがわせる数十人分の女性の画像が保存されていたという。

警視庁によると、千秋容疑者は「何も言いたくありません」と供述し、容疑を否認しているという。

以上、

パソコンに被害女性を記録とは、婚活アプリと睡眠薬を使い、何人の女性を暴行したら満足するというのだろうか。

よほどもてない男か、異常者か。釈放されてもチップでも埋め込む必要があろうか。海外では性犯罪常習者にはすでに実施している国も多くなってきている。足輪発信機よりましだろう。