アイコン 仮想通貨「NEM」27人起訴 580億円分流出事件 67億円分交換 コインチェック

仮想通貨

東京地検は9日、「コインチェック」から2018年に約580億円相当の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した事件で、流出したNEMの不正な交換に応じたとして、計13人と1法人を組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)罪で同日までに起訴したと発表した。ほかに14人を同罪で略式起訴、4人を不起訴とした。

起訴されたのは、7都道府県の20~40代の男13人で、起訴状によると2018年2月~3月、氏名不詳者がコインチェックから不正に得たNEMであると知りながら、それぞれ約2千万~約67億4千万円分を交換したとされる。

 

警視庁は31人を逮捕、書類送検していた。

以上、

あとは国税庁が31人全員の税納額を調べ上げることが求められる。

コインチェックはこれで行き詰まり、現在はマネックスグループの一員、仮想通貨交換業者となり仮想通貨取引所サービスを行っている。

[ 2021年2月10日 ]

 

 

 


HTML Comment Box is loading comments...



※記事の削除等は問合せにて。

関連記事

 

 

 


PICK UP


PICK UP - 倒産