sponsored

国連のアントニオ・グテレス事務総長は7日、国連は2億3000万ドル(約250億円)の赤字を抱え、今月末にも現金が払底する恐れがあると訴えた。AFPは、グテレス氏が国連事務局の職員3万7000人に宛てた書簡を入手したと報じた。

その中で同氏は、給与や各手当を確実に支給するためには「追加的な暫定措置」を講じなければならない可能性に言及した。ただ、その措置の具体的な内容には触れていない。
グテレス氏は「2019年の通常予算に基づく活動に必要となる総額のうち、加盟諸国は70%しか納付していない。
これにより、国連は9月末に2億3000万ドルの現金不足に陥り、このままでは流動性準備金も今月末までに使い果たす恐れがある」と明かした。

その上で、同氏はコスト削減のため、会合や会議を延期し、サービスを縮小する、同時に出張は必要最低限に抑え、省エネ対策を実施することを提案した。

ある関係者が匿名で述べたところによると、グテレス氏は今年に入り、国連の現金不足の問題に対応するため、加盟諸国に分担金の上乗せを要請したものの、了承は得られなかったという。

国連の2018~19年度の活動予算は、平和維持活動予算を除外すると54億ドル(約5800億円)で、うち22%を米国が負担している。
以上、AFP

分担金を支払っていない国があれば、メディアを使い公表してでも支払わせるべきだろう。
そうでなければ、国連はろくに機能もしておらず、先代の事務総長らによる縁故採用者などをリストラすべきだろう。組織は拡大するのみであり、銭は常に足りない方向を向く。
大幅リストラし、入札による外部委託など活用すれば、経費削減になる。企業並みの運営も必要だろう。
戦後最低の事務総長をオバマが2期も承認したばかりに、形骸化した茶番の国連総会だけになった国連に対して、世界市民は何を求められるというのだろうか。