sponsored

中国汽車工業協会(CAAM)が集計した9月の自動車販売台数は前年比▲5.2%減の227万台だった。

9月は販売が盛り上がる月のはずだが、米中貿易戦争勃発の昨年7月から15ヶ月間連続して減少となり、年後半の回復も期待薄となった。

8月は▲6.9%減。7月は▲4.3%減だった。

2018年は通期でも1990年代以来のマイナスだった。景気減速と米中貿易戦争が自動車市場に影を落としている。

夏が終わると消費が盛り返し、中国自動車業界にとって9月と10月は「金の9月、銀の10月」と呼ばれる書き入れ時となる。

CAAMは以前、年間販売台数は5%減の2668万台と予想しつつ、年後半には販売が回復する見込みを示していた。

CAAMの幹部は「下半期に入って販売は盛り返しているが、予想には届かずペースは鈍い」と述べた。

販売の6割強を占める15の都市や省が、中央政府が定めた期限(2020年)よりも早く新たな排ガス規制を導入したことが、自動車の販売、特にガソリン車の販売に打撃を与えているとCAAMやアナリスト、ディーラーなどは指摘する。

プラグイン・ハイブリッド(PHV)や電気自動車、燃料電池車などの新エネルギー車(NEV)も、政府の購入助成縮小の影響で▲34.2%減少した。8月は▲15.8%減だった。