sponsored

日本人アーティスト、奈良美智氏の作品「ナイフ・ビハインド・バック」が、このほど香港で開かれたサザビーズのオークションで、同氏の作品としては史上最高額となる2490万ドル(約27億円)で落札された。
これをきっかけに、同氏が10年前に米ニューヨーク・マンハッタンのバーの壁に描いた落書き風の作品が、一躍脚光を浴びている。
サザビーズの担当者はこの作品について、数十万ドルの値打ちがあるかもしれないと推定した。
一連の作品は奈良氏が10年前、マンハッタン南東部のイーストビレッジにある行きつけのバー「ナイアガラ」の壁に、フェルトペンで描いていた。
1994年から奈良氏のマネジャーをしているティム・ブラム氏によると、2009年に連れ立ってナイアガラへ飲みに行った際、奈良氏がフェルトペンを取り出して壁に描いたのがこの作品だった。
この話には、奈良さんが地下鉄の駅に落書きしてニューヨーク市警に逮捕されるというオチまで付いている。
バーの店内では、カウンターの向かい側に奈良さんの作品が並ぶ。
ドアに最も違い場所に描かれた作品の「ヘイ! ホー! レッツゴー!」という噴き出しは、ニューヨークのパンクバンド「ラモーンズ」の楽曲「Blitzkrieg Bop」の冒頭の一節を引用している。

↓「ナイフ・ビハインド・バック」
1015_03.jpg

ブラム氏は一連の作品について「非常に奈良氏らしい」と評し、「間違いなくバーで流れる音楽に着想を得て、音楽をテーマに描いた作品だった」と解説する。
奈良さんの作品の中には、「One Foot in the Groove」のように116万ドルの値が付いたものもある。
しかしイーストビレッジのバーに描かれた作品はこれまでほとんど脚光を浴びることはなく、同氏の作品が最高値を付けて初めて美術評論家らに注目されるようになった。

1015_04.jpg

ジェニファー・コンベリーマッサーさんは2016年にこの落書きを撮影したとき、有名なアーティストによるものだとは知らなかったという。
以上、CNN参照
↓「One Foot in the Groove」

1015_05.jpg