アイコン (株)ナルオ(大阪)/自己破産へ

 

スポンサード リンク
 
 

自転車用部品製造の(株)ナルオ(大阪市平野区瓜破南2***)は2月19日事業停止、事後処理を権藤健一弁護士(電話06-6364-9275)ほかに一任して、自己破産申請の準備に入った。

負債額は約4億円。

同社は昭和38年創業の自転車用部品製造業者。大手自転車用部品メーカーの協力会社で、自転車の各種部品や電動自転車向け部品、釣のリール用部品、建築金物なども製造し、平成27年10月期には10億円以上の売上高を計上していた。

しかし、日本メーカーや中国メーカー向けが低迷し、競争激化、売上不振の中、鋼材価格の高騰で採算性も悪化させ、借入負担も大きく、資金繰りにも窮し今回の事態に至った。

追、鋼材は日本製は高すぎる。ただ、海外産といっても韓国製くらいしか使えず、輸送コストからして大量に購入しなければ採算は合わず、日本製を使用し続けるしかないのが実情か。

[ 2020年2月25日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 

JCNET注目記事!

ピックアップ倒産情報



PICK UP


PICK UP - 倒産