アイコン 「銀龍苺」の(株)銀龍(北海道)/自己破産へ

 

スポンサード リンク
 

農産業の(株)銀龍(所在地:北海道河東郡音更町下音更北5線西***)は2月28日、事業を停止して事後処理を弁護士に一任、釧路地裁帯広支部において自己破産を申請した。

負債総額は約4億円。

同社は平成16年4月設立の自社ブランド苺の生産会社。東京・渋谷区にアンテナショップ「十勝銀龍苺代官山店」を出店するなどし、平成31年10月期には2億円以上の売上高を計上していた。しかし、北海道豪雨や天候不順などで不作から赤字は続き、対策の設備投資もかさみ、資金繰りにも行き詰まり、今回の事態に至った。

追、自然を相手にする事業は耐久力が必要。農家は耐久力の塊だったが、国の政策もあり減少の一途を辿っている。

担当弁護士には、野村弘弁護士(0155-22-2711)が任命されている。

 

「銀龍苺」

[ 2020年3月 2日 ]

 

 

 

関連記事

 

 

  • この記事を見た人は以下も見ています
  •  
JCNET注目記事!

ピックアップ倒産情報



PICK UP


PICK UP - 倒産