アイコン (株)球磨リネン(熊本)/民事再生申請

 

スポンサード リンク
 
 

リネンサプライ業の(株)球磨リネン(所在地:熊本県球磨郡相良村大字柳瀬*** )は3月5日、熊本地裁において民事再生法の適用を申請、再生債務者について監督委員による監督を命じられた。

負債総額は約2億円。

資本金は2000万円、従業員は24名。

同社は昭和58年5月設立のリネンサプライ業者。熊本県南部一円から鹿児島県にかけ旅館、ホテル、病院、老人福祉施設などを顧客にリネンサプライ業を展開、以前は2億円以上の売上高を計上していた。

しかし、消費不況や霧島火山群の火山性地震や噴火などもあり、旅館やホテルの売上高はインバウンド効果も限られ減少。一方、経費は燃料費や人件費の高騰から、採算性を悪化させ、経営不振に陥っていた。最近は資金繰りにも窮するようになり、民事再生申請後、熊本県のクリーニング大手がスポンサーによることが予定され、今回の申請に至った。

申請代理人は早田靖弘弁護士(096-343-0585)ほか、監督委員には福山素士弁護士(所在地:熊本市中央区京町本丁6番15- 2 福山素士法律事務所)が任命されている。

事件番号は令和2年(再)第3号となっています。

 

 


 

[ 2020年3月25日 ]
スポンサード リンク
 

 

 

関連記事

 

 

JCNET注目記事!

ピックアップ倒産情報



PICK UP


PICK UP - 倒産